個人のみなさまへ

言いふるされた言葉ですが、まちづくりには、「よそもの、わかもの、ばかもの」が必要といわれています。
ばかもの・・・・・はたから見たら「ばか」と思われるくらい地域のために活動する人。

みなさん、関のために「ばかもの」になりませんか?
ぶうめらんでは、「ばかもの」になる第一歩をお手伝いします。

もう、行政だけに任せてはいけない。

関市の人口は平成17 年以降減少に転じ、20年後には3人に1人が高齢者となります。広がった面積、減る税収、多様化する市民ニーズに行政は対応しきれなってきています。今、私たち関のジンが、地域の課題に立ち上がらなければ、関の将来はどうなってしまうでしょうか。

皆さんは、毎日大変お忙しいかと存じます。まずは空いた時間に少しだけでいいんです。関のために自分の時間、技術、アイディアを使っていただけませんか。私たちは皆さんが関のために「ばかもの」になるお手伝いをします。

現在、3つのきっかけをご用意しております。
私たちと一緒に関のために立ち上がりましょう!

関のために自分で行動を起こしたい

平成22年1月に、関市市民活動センターがオープンしました。現在、このセンターを、ぶうめらんが運営しています。ここでは、行動を起こしたい方の立ち上げのサポートをしています。まだまだ、漠然とした想い・アイディアという方でも大丈夫です。一度相談にみえませんか。

ぶうめらん編集部のスタッフに!

今お手持ちのフリーペーパーは、市民のボランティアが集まり制作しています。企画会議で関の魅力を議論し、取材でいろいろな人と出会い、記事で想いを伝えることができます。

ぶうめらんの会員に!

時間的制約もあり、行動することが難しい方も多いと思います。まずは、ぶうめらんの会員となっていただき、我々の活動をサポートしていただけませんか。

会員詳細

市民賛助会員

年会費:3,000円

先輩ザムライ(寄付)

1口:1,000円

単発会員

会費:600円

  • ぶうめらん、高校ぶうめらんの郵送
    ※1回のみ
    ※webバックナンバーの閲覧は不可